SUNRISE/Mr.Children【歌詞の意味・解釈と感想】

『SUNRISE』はMr.Childrenの13枚目のアルバムの収録曲です。

 

個人的にはミスチルでベスト10に入るぐらい大好きな大好きな曲ですが、なんせライブでやってくれない‥!

なので2019年の”Against All GRAVITY”ツアーでイントロが流れた瞬間、鳥肌が立ったのを覚えてます。

 

 

この歌、引きこもりをテーマにしていて、

それでもいつかは『SUNRISE (日の出)』この胸に輝かせていたいんだ。。

という

そんな状況から抜け出したい願望を歌にしております。

 

 

僕的には雑に言うと、

ひきこもり(ニート?)の歌をこんなオシャレで壮大にするMr.Childrenはやはりすごいなと思うわけです(笑)

 

というわけで『SUNRISE 』の僕なりの解釈と感想を綴らせて頂きます。

 

 

引きこもっている乾いた部屋の中‥

フェードアウトしてゆく優しいメロディー スピーカーに耳を澄まして
乾いた部屋に余韻がこだました
目の前の扉 開けない僕をせかし続けていた時間が
その間だけ静かに止まった

 

『乾いた部屋』

『目の前の扉 開けない僕』

は引きこもりを表現。

 

曲の終わりの静寂は

まるで時間が止まったかの様。

 

外に出ろと『せかし続けていた』のは

自分自身なのではないでしょうか?

 

 

公園の方から笑い声
最後に笑った日 思い出そうとしてやめて…

 

静寂の部屋の中

公園から聞こえてくる笑い声。

 

 

『最後に笑った日 思い出そうとしてやめて…』

 

ふと

自分はいつから笑ってないんだろう、、?

 

長い間笑ってない事に気付くのが怖くて、思い出そうとしてやめたんでしょうね。。

 

 

思い切り息を吸い込んで この想いを空に放ちたい
自分の世界に閉じこもった 冴えない気分から抜け出して
どんなときだってサンライズ
この胸に輝かせていたいんだ

 

このサビの部分で彼は、まだ諦めてない事がわかりますよね。

 

引きこもってはいるけど、

『どんなときだってサンライズ
この胸に輝かせていたいんだ』

 

そう

自分の殻に閉じこもった世界から抜け出したいんです。

 

 

大きなもの 揺るぎないもの そう疑いもしないで過ごした
家族の愛にいつも守られて
どうしてこんな 不確かなものを 無邪気に信じていれたんだ?
どうしてこんな 不安定なものを…

 

ここは彼が病んでしまった理由がなんとなく書かれてますよね。

 

 

大きなもの  揺るぎないもの

不確かなもの  不安定なもの

だったと

少年から大人になる段階で気づいてしまう。

 

 

家族の愛に守られて子供の頃はわからなかった事ってありますよね。

矛盾だらけの社会のしくみ人の絆のもろさ本音と建て前の人間関係などなど、、、

 

まあ、そんなもんさ

と思えない、若さ故の純粋な心が生む葛藤なんでしょうか。

 

 

少年の日々を回想うとき
不思議なほど幸福な気持ちが僕を包む

 

そんな

何も知らなかった『少年の日々』を思い出すと

幸せな気持ちになる。

何も知らなかったあの頃はよかったと、、

 

 

思い切り両手を伸ばして あの優しい空気に触りたい
僕を金縛りになる すべての迷いを引き千切って
まだ分かりたくはない
どうせいつか思い知らされるんだ

 

『あの優しい空気』

少年の日々の事。

 

 

『まだ分かりたくはない

どうせいつか思い知らされるんだ』

どうせいつか分かってしまう大人の世界に

今はまだもう少し純粋で綺麗な自分でいたい。

という願望なんですかね。。

 

 

Sunrise brightens up

Sunrise brightens up‥‥

 

直訳は「日の出が明るくなる」

 

「日の出」は自分の殻を破る時

それは

いつかは明るい未来が待っている

と信じる願望なんですかね。。

 

誰かを愛したり 抱き合ったり
繰り返すいのちに少し今も胸が躍る

 

そんな

ふさぎこんでる自分でも

『胸が踊る』部分が残されている。

それは人に対する愛おしさ。

 

『繰り返すいのち』

毎日繰り返される日の出に例えられてるようでもありますね。

 

 

思い切り息を吸い込んで この想いを空に放ちたい
自分の世界に閉じこもった 冴えない気分から抜け出して
何度沈んだってサンライズ
この胸に輝かせていたいんだ

 

『何度沈んだってサンライズ

この胸に輝かせていたいんだ』

 

この先色んな事があって何度沈んでも

必ず毎日くる日の出の様に

明けない夜はないと

信じて生きていきたい

 

という思いではないでしょうか。

 

まとめ

 

●引きこもりをテーマにしている。

●少年から大人になる段階の葛藤を表現。

●そんな自分の殻を破りたい。

 

人間は誰しも生きてゆくなかで、迷いや挫折を経験して大人になっていきますよね。

この歌はそんな自分の殻をやぶり、乗り越えたい想い日の出(SUNRISE)に例えてるんだと思います。

 

 

てことで

以上が僕なりの『SUNRISE 』の【歌詞の意味・解釈と感想】でした。

 

ありがとうこざいました。