風と星とメビウスの輪/Mr.Children【歌詞の意味・解釈と感想】

『風と星とメビウスの輪』はMr.Childrenの15枚目のアルバム『SUPERMARKET FANTASY』の収録曲です。

 

静寂なピアノ演奏から始まり、ラストにむけて壮大なストリングによってライブ映えするこの曲。

欲をいえば、ライブでは壮大な生オーケストラバージョンで一度聞いてみたい‥

と、ファンの方ならば一度は思った事あるんではないでしょうか。

 

 

曲名にも使われている『メビウスの輪』↓↓↓

皆様も幼少期に一度は作った事あるんではないでしょうか?(輪っかを180度ひねって繋げただけの物なんですが)

 

この輪っか、線をひいて辿っていくと1周目は始まりからちょうど裏側にたどりついて、2周目はまた元の位置に戻って来るんです。

そもそも表と裏の概念がない。

 

なので文学的にはよく

『循環』、『無限』、『再生』、『輪廻』

などを比喩的に表されたりしています。

 

この曲では2人の無限の愛の循環をメビウスの輪に例えられています。

好き→大事にする→大事にされるから好きになる

のようなループ。

 

そして

そんな2人が歩む人生観に

『風』と『星』は生きるヒントを与えてくれています。。

 

はい

それでは僕なりの【歌詞解釈と感想】を綴っていきます。

 

 

【愛の循環】メビウスの輪の上を歩く2人

抱かれて 磨かれて
輝くことで また抱かれて
君と僕が
そんなメビウスの輪の上を歩けたなら

時流(とき)の早さ 命の重さ
確かめるように ほら一歩ずつ
疲れたら 青空に心を泳がせて
風の唄でも聴こうか
聴こうよ

 

『抱かれる』→『磨かれる』→『輝く』→『また抱かれる』

2人でそんな愛のループ(メビウスの輪)を歩く。

 

 

当たり前のように過ぎていく時流(とき)

当たり前のように動いている心臓(命)

を一歩ずつ噛み締めながら。

 

そして

人生で道に迷って疲れたら、時には『』のように

流れに身をまかせて生きてみようという事を教えてくれます。

 

 

時流の早さ 命の重さ
確かめるように
人の弱さ 心の脆さ
かばいあうように また一歩ずつ
暗闇に迷うなら
心に光ってる星を頼りに進もうか

愛されて 優しくなれて
その優しさ故に愛されて
君と僕が
そんなメビウスの輪の上を笑いながら
寄り添って歩けたなら

 

時には『人の弱さ』や『心の脆さ』を痛感させられる人生。

そして

『星』が教えてくれる事は

星はずっと在り続けるのに暗闇にならないとその存在は現れない。

ということは、

人生の暗闇に迷ったら、本当はいつも心に居続けてくれている光(あなた)のありがたみを感じながら進もうよ

という事ではないでしょうか。

 

まとめ

 

恋人との愛の循環をメビウスの輪に例えられたラブソング。

2人が歩む人生に、

『風』=迷ったら時には風のように流れに身を任せてみよう。

『星』=星の様に、普段の明るい時には見えない光(あなた)の有り難みを感じよう。

という生きるヒントを与えてくれる。

 

愛とは何か?人生とは何か?を壮大なストリングスで描かれた名曲ですね。

個人的にはシングルバージョン(桜井さんとピアノ演奏のみ)も言葉1つ1つが入ってきやすくて好きです。

 

 

以上が僕なりの『風と星とメビウスの輪』の【歌詞の意味・解釈と感想】でした。

 

ありがとうございました。