つよがり/Mr.Children【歌詞解釈と感想】

『つよがり』はMr.Childrenの2000年に発売された9枚目のアルバム『Q』の収録曲です。

 

アルバム曲にもかかわらず、21周年のファンクラブ限定ライブ前に事前募集された「ファンクラブ会員がもっともライブで聴きたい曲」のアンケートで14位に入った人気曲です。

 

 

この曲、

心に古傷を持ったつよがりな女性を優しく見守る男性の姿描いてるんですが、、、

よく聞くと、男性の「女々しさ」や「自信のなさ」が露呈されてる、なんとも人間臭いラブソングなんです。

なので、

この歌詞の大半は男性の、面と向かって強く言えない心の声なんだと思われます。

 

 

それでは僕なりの【歌詞解釈と感想】を綴ってまいります。

 

 

古傷を持つ、つよがる君への片思い‥

凛と構えたその姿勢には古傷が見え
重い荷物を持つ手にもつよがりを知る

笑っていても僕にはわかってるんだよ
見えない壁が君のハートに立ちはだかってるのを

 

この『古傷』って事は

最近の出来事ではなく、もう長い間、心につっかえてる物があるんでしょう。

 

笑っていても、それはつよがりなんだと、

長い間いつも君を見てるからわかるんでしょうね。

 

 

蚊の泣くような頼りない声で
君の名前を呼んでみた
孤独な夜を越えて 真直ぐに
向き合ってよ 抱き合ってよ 早く

 

ここは彼の自信のなさが伺えますよね。

蚊の鳴くような声では

『孤独な夜を越えて 真直ぐに
向き合ってよ 抱き合ってよ 早く』

とは言えないはず。

ここは彼の心の声なのかなと思いました。

 

彼は名前を呼ぶのが精一杯なのでしょう。。

 

そして『孤独な夜を越えて』とあるので

心の傷は過去の恋愛によるものかと思われます。

 

 

着かず離れずが恋の術でも傍にいたいのよ
いつ君が電話くれてもいいようになってる

話す相手も自ずと挟まってくんだよ
ちっちゃな願いをいつもポケットに持ち歩いてるんだ

 

ここ

恋の術を無視してでも傍にいたい

と思ってる割には

『いつ君が電話くれてもいいようになってる』

と、受け身なんですよね。

 

なんだか彼の優しさ故の女々しさが出てますよね‥

 

彼女を中心に考えた生活になれば、そりゃいつ電話で呼び出されてもいいようにプライベートを制限するでしょう。

『ちっちゃな願い』=彼女からの電話

なのでしょう。

 

 

うーん

どっぷりですな‥

 

 

「優しいね」なんて買被るなって
怒りにも似ているけど違う
悲しみを越えて 真直ぐに
向き合ってよ 抱き合ってよ 強く

 

「優しいね」って言葉は異性には何の特別感もない言葉ですよね。

本当は「好きだよ」とかが欲しいんだと思います。

 

なので

そんな言葉が欲しいんじゃないんだよ!

というのは『怒り』にも似てる。

とはいえ実際は

「歯がゆさ」や「もどかしさ」なんだと思います。

 

 

そしてまた心の声 ↓

『悲しみを越えて 真直ぐに
向き合ってよ 抱き合ってよ 強く』

 

 

 

愛しさのつれづれで かき鳴らす六弦に
不器用な指が絡んで震えてる

 

『つれづれ』とは手持ち無沙汰という意味。

 

『愛しさのつれづれ』は

愛しいのに何もできないという事でしょうか。

 

そして

一人、そんな想いでギターをかき鳴らす彼。

『不器用』なのはギターをならす指だけではなく

彼自身なんだと思います。

 

 

たまにはちょっと自信に満ちた声で
君の名を叫んでみんだ
あせらなくていいさ 一歩ずつ僕の傍においで
そしていつか僕と 真直ぐに
向き合ってよ 抱き合ってよ
早く 強く あるがままで 強がりも捨てて

 

そんな彼ですが、

たまには自信に満ちた声で言います。

あせらなくていいさ  一歩ずつ僕の傍においで』と。

この『あせらなくていいさ』ってところが

なんとも自身に満ち溢れてますよね。

 

 

でもそれに対してそのあと、

早く』と言ってます。

矛盾してますよね。

でもこれが本音なんでしょう。

 

『あせらなくていいさ』というのは

彼のつよがりなのかなと思います。

 

 

はい

結局彼にも『つよがり』が垣間見えましたね。笑

 

 

まとめ

 

●前の恋人を忘れられずにいる彼女。

●心の傷を『つよがり』によって笑顔で取り繕う彼女に恋心を抱く彼。

●自分の元に早く来て欲しい彼にも、「あせらなくていいよ」という『つよがり』が垣間見える。

 

この曲、

彼の「優しさ」の中にも「女々しさ」や「自信のなさ」「不器用さ」が表現された人間臭いラブバラードですよね。

桜井さんの、このリアルな人間模様を描いた絶妙な表現、流石です。

 

 

まあ、個人的には、彼に「しっかりせえ!」と言いたいところですが‥笑

 

 

 

以上が僕の『つよがり』の【歌詞解釈と感想】でした。

 

ありがとうございました。