Heavenly kiss/Mr.Children【歌詞の意味・解釈と感想】

『Heavenly kiss』はMr.Childrenの2007年に発売されたカップリング集アルバム『B-SIDE』の収録曲です。

 

カップリング曲にもかかわらず、21周年のファンクラブ限定ライブの事前募集された『ファンクラブ会員が最もライブで聴きたい曲』で6位にもなったミスチルの隠れた名曲です。

 

桜井さん自身はこの曲に関して、

「恋愛をこれから始めるぞって歌ではなくて、もう結婚してたり、長い間付き合ってたり、それこそ倦怠期とかありますよね?でもある何かをきっかけにトキメキがよみがえる、愛情の深さがよみがえる。そんな曲」

と言ってました。

 

『Heavenly』は

直訳すると「天国の(ような)」「神々しい」「素敵な」

なので

『Heavenly kiss』は

最高のキスを意味していると思います。

 

 

この曲は倦怠期のカップルだからこそ、

深い意味をもたらすキスがあるという事を

教えてくれます。

というか長い間、異性と付き合った事がある方なら、共感できる部分が多いと思います。

 

というわけで

僕なりの【歌詞解釈と感想】を綴ってまいります。

 

 

倦怠期のカップルにもたらす最高のキスとは‥

先週から続いてる妙に すれ違ってる
鈍感な俺にだってわかるさ
オープンテラスのテーブル食事中の会話もはずんでない

こんがらがった知恵の輪誰のせいでもありゃ しない
このまま錆びついていっちゃうのかなあ
でも こんな時だって常に 君は綺麗だ無気味なくらい

 

まさに倦怠期からこじらせた状態。

『こんがらがった知恵の輪誰のせいでもありゃ しない』

この

誰のせいでもないという表現、

リアルですよね。

大きな喧嘩もなく、直接的な原因がある訳でもない。

ただ長く付き合ってると理由もなく、いつのまにか2人の仲が冷めてきていることに気付く。

そんな状態はまさに

『こんがらがった知恵の輪』

ですよね。

 

そして

相手に関心がなくなったのかと思いきや、

常に綺麗な君。

『不気味』という表現は鈍感な彼だからこその表現なんだと思います。

長く付き合っていても女というものはわからない‥

という思いでしょうか。

 

 

油断した隙にI’ll get heavenly
kissそれで みな上手くいくはずなんだ
なのに つい虚勢をはって つい
裏腹の態度危ういムード
出合いの日の二人のような
優しさ 無邪気さ素直さが 恨めしい

 

そんなこじれた状態でも本当はわかってるんです。

やはり男と女はスキンシップが大事なんだと。

そう、一度のキスで何もかもが解決するんです。

 

なのに虚勢をはってしまう‥

素直になれない気持ちと、ここ最近すれ違ってる2人の状態からか一歩踏み出せない。。

 

そんな気持ちわかりますよね〜

 

 

例えるならなんだろう?
信号機ならどうだろう?
俺らって 今何色なんだろう?
Blue Red Yellow考えりゃ考える程ぞっとしてしまう

俺が傲慢になったか?君が怠慢になったか?
そんな事 もうどうだっていいや
答えは ただ ひとつ君を失いたくはないただ それだけ

 

信号機に例えると‥

 

まあ青ではないな‥

じゃあ黄色か?

いや、もうすでに赤かも‥!

 

そりゃぞっとしてしまいますよね。。

 

そして

『傲慢』=思い上がった気持ちで、人を見下す様子。

『怠慢』=なまけて、おろそかにすること。

人間関係が深まっていくと、甘え等からどうしても出てきてしまいがちな感情ですよね。

 

でも男女関係においては、どちらが悪いのかという理屈じゃない部分があると思います。

そしてそんな事考えてもキリがない。

なので

『答えは ただ ひとつ君を失いたくはないただ それだけ』

となるのでしょう。

 

 

誰より愛しく誰より憎い
こんな気持ちは知らなかった
けれど YOU君に会って以来
全てが 少しずつ変わっちゃってんだ
盲目ゆえに見えるものもある
手探りの ドタバタ劇そう いつだってI lost in you

 

この部分は彼女への愛情の深さが表現されてます。

 

愛しくて憎いというのは、ただの恋人の枠を超えてる気がしますよね。

血の繋がった家族や配偶者への感情に似ていると思います。

 

そして

そんな君は僕の人生へ沢山の影響を与えてくれた。

(君といることによって変わっていく自分が嬉しい)

 

 

『盲目ゆえに見えるものもある』

 

この表現は秀逸ですよね〜

 

恋は盲目といいます。

でも

だからこそ、盲目である当の本人しか見えない世界がある。

それは愛の境地のようなものかもしれませんね。

 

盲目であるがゆえに手探りで育んできた愛。

ドタバタ劇だったけどやはり、

『I lost in you』(君には敵わない)

 

何だかんだ言ってもやはり、彼女の事を好きな自分に気付かされるんでしょうね。

 

 

もう一杯ビール飲むか?
赤くなったっていいじゃない
たまにゃ 理性をすてんのも いいぞ
化けの皮を 剥いだ君を愛せるのは
そう俺ぐらいなもんさ

 

ここの表現、素敵ですよね。

『もう一杯ビール飲むか?
赤くなったっていいじゃない
たまにゃ 理性をすてんのも いいぞ』

会話のはずまない気まずい空気の2人から、

彼の方から少し切り込んだ、

仲直りに向けての口調が伺えます。

 

そして

『化けの皮を 剥いだ君を愛せるのは
そう俺ぐらいなもんさ』

ここは素直に「愛してる」と言えない、

照れ隠しのような表現がかわいいですよね。

彼の精一杯の愛の言葉だったんでしょう。

 

 

Shall we heavenly kiss
言葉を超えて Kiss
腑に落ちなくたっていいじゃないか
長過ぎず優しすぎぬ Kiss
ちょっと 幻想に漂って
出合いの日の二人以上に強い
想いが 煌めきがこの一瞬で 甦る…
Heavenly Kiss
Heavenly Kiss
Heavenly Kiss

 

『Shall we heavenly kiss』

意を決して彼女にキスを促す彼。

そして

『腑に落ちなくたっていいじゃないか
長過ぎず優しすぎぬ Kiss』

ここ、すごくリアルな表現ですよね。

半ば突然の彼からのキスに、

腑に落ちない表情なのは、少し強引なのと彼女の戸惑いと照れのせいなのかもしれませんね。

 

でも結局

『出合いの日の二人以上に強い
想いが 煌めきがこの一瞬で 甦る…』

はい

めでたしめでたしですね♪

 

まとめ

 

倦怠期からくる少しのすれ違いから、いつのまにか気まずい空気が漂う2人。

どちらが悪いでもなく、2人のこんがらがった知恵の輪を『Heavenly Kiss』は一瞬で出会った日以上の煌めきを蘇らせてくれる。

 

男と女って不思議ですよね。

ある1つのきっかけ(スキンシップ)で今までのわだかまりが無かった事の様になってしまいます。

それは倦怠期を迎えたカップルなら尚更なのかも知れませんね。

 

こんな事を歌のテーマにする桜井さんの着眼点と随所にある秀逸なワードセンス。

流石ですよね。

 

以上が僕の『Heavenly Kiss』の【歌詞の意味・解釈と感想】でした。

 

ありがとうございます。